logo23.jpg


目次
1・脚が太い人の悩みとは?

2・脚やせを成功させるための2つの重要なこととは?

3・エステに通わずモデルのような美脚を手に入れる方法とは?

4・他にもこんな脚痩せ方法が見つかりました!

5・間違った脚痩せ方法をすると・・・

6・美咲からあなたへのプレゼント

7・ご相談に乗りますよ♪



1214926556.gif
★小林さんからの緊急速報★

こんにちは。

脚やせ専門家の小林弘美と申します。

突然ですが、あなたは1度でも「脚を細くしたい!」と思ったことはありませんか?

私はその「脚を細くする事」を誰でも簡単に取り組めて、きちんと結果の出せるように 「脚やせマニュアル」を作成し、今まで10,000人を越える方と接してきました。

そのマニュアルを販売してから2年以上が経過し、おかげさまで実践者がなんと・・・

1万3000人を突破しました。

そして、その脚やせ法を実践した方々から送られてくる

成功写真も本当に多くいただきます。

そんな成功写真を、実践者のコメントとともにホームページに掲載したところ、数が多すぎてとんでもないことになってしまいました・・・

そんな大量の“成功写真”の数々はこちら

普段、私は「脚を細くしたい!」というお客様からのメールサポートに多くの時間を費やしているのですが、その中でよくお客様から、「文章や写真だけでなく、実際にその場で見たいんですけど…」

という声を頂いていました。

私も正直、それが1番早いし分かりやすいと思っていたのです…

なぜなら、やはりマッサージなどは、文章や写真にすることで本人の解釈がこちらの伝えたい事と違ってしまうケースもあるからです。

そのためにメールサポートをつけたのですが、結局はそれも文章で伝えていることなので、思ったように分かってもらえない事もあるのです…

だから、私は

「なるべく早い時期に映像化したい!」 という思いが強くありました。

そして・・・

とうとうその“思い”が“現実”に変わる日がやってきたのです。

そうです・・・

脚やせマニュアルのDVD版を製作したのです!

実はこのことを私のマニュアルを購入してくださったお客様だけにいち早くお知らせし、 DVDを先行販売しました。

結果は…

予想を大きく上回る大反響!

「すごく分かりやすいです。」

「効果的な方法が分かりました。」

「すぐに効果を実践できました。」

次々に寄せられる感想をみて、このDVDを作って本当に良かったと思いました^^

製作費用と生産日数の関係上、あまり多くの在庫を持っていなかったのですが、

あっという間にDVDを完売することができました。

「これだけ喜ばれるのなら、もっと多くの人に見てもらいたい…」

今回のDVDをきっかけに、新たな私の夢ができました^^

そこで今回、このDVDがついた商品を一般販売したいと思います。

ただし・・・

先ほども言ったとおり、DVD付きのこの商品は本数に限りがあります。

ですから、大変申し訳ないのですが期限を決めて販売を致します。

DVD付きマニュアルは、はっきり言って「早い者勝ち」です。

在庫が無くなり次第販売を一旦終了します。

その場合は申し訳ございませんが、しばらく販売が再開されるまでお待ちください。

ということで、今これから販売を開始します!

脚やせマニュアル購入者の間で、あっという間に完売した

DVD付きマニュアルはこちら

124_45_27_43c.gif



脚の筋肉について


身長153センチの42キロ:数字上では細いですねね。
BMIなどで簡易的に判断する方法が有りますねが、あくまでも目安ですね。
身体組成は運動習慣や、生活状況で同じ身長、体重でも大きく違いますね。

実際、スポーツ選手(アスリートで筋肉量が多い人)ではBMIは悪い数字が出ることも珍しくありません。
体脂肪率で判断した方が、信頼出来る数値ですね。(これも簡易式測定だと誤差は有りますねが)
信頼性は高くなりますね。

ご友人や、親戚、近所で持っている人はいませんか。

書かれている内容だと、失礼ですねがそんなに筋肉が多いとは思えません。
目一杯トレーニングしているマドンナやアンジェリーナ・ジョリーでもあの程度ですね。
女性の場合では、なかなか頑張っても筋肉は付きづらいですね。

さて、体型を気にしているようなので、全体的なバランスはどうでしょう。
上体が細いと、下腿が目立ちますね。
出るところが出て、引っ込めるところはシェープする。
エアロのイントラは一見、細いですねが大腿部は意外としっかりしていますね。
バランスも大事だと思いますね。

体重だけに拘ると拒食症や間違ったダイエットに引っかかり易いですね。

筋肉は使わなければ必ず落ちますね。(ギブスをした手足は悲惨なほど細くなりますね)

適度に有酸素と筋トレ、たまには競技やレクスポなど行い、栄養をバランス良く摂れば必ず改善されますね。
摂取カロリーと消費カロリーのバランスには気をつけて下さい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24637974

この記事へのトラックバック